10の便利なMohoのTips

AnimeStudioTutor.comに「10 Handy Moho Tips」という役に立つ10個のTipsがのっていたので、この英語の解説を日本語にしてみました。

正直、日本語の解説がなくてもGIFアニメを見れば大体理解できると思うんで、参考程度にしてください。GIFアニメは本家から流用させていただきました。

1.ポイント削除
[ポイントを追加]ツール(A)で描画中、D + Ctrl(Macの場合はcmd)を押したまま削除したいポイントクリックすれば削除され、そのままキーを放せば[ポイントを追加]ツールに戻ります。これですばやくポイントの追加・削除が行えます。
※Macの場合D + cmdを押すと[ランダムライン幅]のダイアログが起動してしまいうまくいきませんでした。

2.シェイプ選択
同じレイヤー内のシェイプをすばやく選択するには、[シェイプを選択]ツール(Q)を使用して、Shiftキーを押しながらシェイプ上をドラッグすれば複数選択ができ、選択解除したい場合はAltキーを押しながら選択されたシェイプ上をドラッグします。

3.ターゲットボーン
ターゲットボーンをすばやく設定するには、[ボーンの親を再設定]ツール(P)を使用して、まずターゲット元のボーンをAltキーを押しながら左クリックし、次にターゲットボーンに設定したいボーン上でCtrlキー(Macの場合はcmd)を押しながらを左クリックします。

4.タイムライン
タイムライン内の一部分をループ再生したい場合、Ctrl(Macの場合はcmd)+左クリックで開始マーカー、+右クリックで停止マーカーを配置します。
配置したマーカーを削除するには同じようにマーカー上でCtrl(Macの場合はcmd)+左/右クリックします。
アニメーション内の一部分で作業したい場合に便利です。

5.レイヤーの表示/非表示
左クリックしたままレイヤーの目玉アイコン上をドラッグすると、レイヤーの表示/非表示をすばやく切り替えることができます。

6.クモの巣
Mohoでクモの巣をすばやく描く方法です。シェイプでグリッドを描画した後、[ポイントをベンド]ツールを使用するだけで簡単に描画できます。

7.接続ポイント(ボーン)の選択
ポイントを選択したのちTabキーを押すと、そのポイントに接続された他のすべてのポイントが選択されます。
ボーンでも同じことができます。メニューバーから編集>接続を選択を選択するのと同じ動作です。

8.レイヤーの表示/非表示
Altキーを押しながらレイヤーの目玉アイコンを左クリックすると、他のすべてのレイヤーを非表示にしたり表示したりできます。

9.キーフレームを逆にする
キーフレームを複数選択しドラッグして移動させた後、Altキーを押したままキーフレームを逆方向へひっくり返せばアニメーションが逆になります。

10.シェイプ選択
シェイプを選択した後、Ctrl(Macの場合はcmd)+ ↓で一つ下のシェイプを選択、 Ctrl(Macの場合はcmd)+ ↑で一つ上のシェイプを選択できる…みたいですが何故か私の環境ではMacでもWinでも無理でした。ちなみに↑↓だけを押せばシェイプが上下に移動します。

以上ですが、1のポイント削除はMacではうまくいかず、10のシェイプ選択はMacでもWinでもうまくいきませんでした。もしかすると私の方法が間違っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です