映画「夜明け告げるルーのうた」がアヌシーでグランプリを受賞

アニメーションスタジオ「サイエンスSARU」のオリジナル長編作品、監督は湯浅政明さん。
この映画は主に Flash(Animate CC) で作られているそう。
アニメーターのインタビュー動画を見たけど、とても面白かった。
きっとこの受賞をきっかけに、Flashでアニメーションを作る人が増えるんじゃないかと想像する。
となると、競合する Moho を使う私のような人間はますます肩身が狭くなるのかな。
「Moho?何それ?Flashじゃないの?」という言葉とともに。
まぁAdobeのソフトはどれも世界標準なので当たり前か。

「ツールの問題ではない、どんな作品を作るかだ!」という
どの偉人も言ってない言葉を胸に頑張ろうと思う。

ちなみに Animate CC は月額2354円で使用できるが、年間だと28,248円になる。
次の年も、また次の年も…そう考えると私はやっぱり買い切りソフトのほうがいいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です